2009年07月04日

秋田漂流レポE灼熱の後半戦

東北に住んでいながら実は1回しかこのCMみたことないココですこんばんはー。

東北電力CM
http://www.tohoku-epco.co.jp/kohoshi/tvcm/

BGM:
「Armonia(アルモニア)」(唄:ゴスペラーズ)
※アルバム「Hurray!(フレイ)」(2009年3月11日発売)収録曲。


ボーイズライフ編(短)、ガールズライフ編(短)、エンドレスライフ編(長)の三バージョンあります。

ところで、ボーイズライフ編のナレーションで
「僕が生まれた瞬間、母の笑顔と、電気の明かりが見守っていた…」
とあるんですが、
分娩室の明かりはまぶしすぎて赤ちゃんが不快や恐怖を感じてるっていう説もあるんですよ。お産はもっと動物的なしごとだよな。最先端医療の刃先はそっと隣室に隠しておいて、母が暗がりで本能で産むってもんだと思うんだよな。なんてね。ぶつぶつ。


あげあし取りはともかく。
北山祭りなこのCMはイイです。っていうかイイ曲ですアルモニアが。

------

■さあ後半、一気にいくよ

酒「さあここからがゴスペラーズの真骨頂! 灼熱の後半戦だ!」

仁王立ちでこの宣言! なんてユージさんらしいの!
なりきり→宣言→沈まぬ夕陽の流れは
まるでユージさんのライヴなんじゃないかと思うほど彼が素敵すぎた。
場を仕切るユージとリードヴォーカルを務めるユージ。
好きすぎる。

ステージの上のユージさんは、他のどんなときよりも美しいと思う。
そしてそれを鑑賞する私がいるということは、
私とユージさんはステージの段差で区切られた別々の世界にいるということを認めることだ。
ステージのユージさんが素敵だと、私の気持ちはいつもそこに到達して切なくなる。切ないのに、目が離せない。


16. 沈まぬ夕陽

あれ?この曲、ゴスのじゃないよね???
それなのに5人の曲になってる。


17. Sky High
18. セプテノーヴァ

これか! ユージさんのサービスのあったという曲は。
気づかなかったぞ。(後述します)


19. FRENZY

楽しかった!(嬉泣)これ踊るの楽しかった!


20. 狂詩曲

黒ぽんガバ脱ぎしたというウワサ。見逃した私は本当にばかだったと思う。
でもいいんだ、あの4つ打ちの足踏みで、指さしで、私は一緒に感じてたもんラプソディー。


21. 愛は探し出すのさ

これ、語りが入ってたんですか。全っ然覚えてない。
完全にタマシイ抜かれて聞き入ってた。
大好き。この曲歌うてっちゃん死ぬほど好き。
私を探し出してくれてありがとう(勘違い)


22. My Gift To You

泣きの2連チャンだ。
この流れは絶対ひきょうだ。
泣かせようと思って並べた、企画段階のリーダーの顔が浮かぶ。

ここで私のお隣さんが、
フリ完璧なほど今回漂流しまくっているはずのお隣さんが、
涙をぬぐってたよ実際。
(きゅーん…。なんて純な子なの)

1,2,3 for 5が流れ始める。
最初の曲につながって、退場というしかけで来たか。
そんな切ないループいやー。終わらないでー。

ココ、放心。

【つづく】
この記事へのコメント
後半の白い衣装へのお色直し、私もパンツ透けるんじゃないかと思って雄二の下半身を凝視してました(←雄二ごめんね)
なりきりからの後半戦の宣言、沈まぬ夕陽の流れは私も「ここ酒井雄二ショーだわ!かっけ〜!!(^▽^)」って思ってました!周南では5列目と近かったので本気で鼻血出るかと思いました。なんであんなにかっこいいんだろ。
♪愛は探し出すのさ、♪My Gift To You の流れは泣くよね、私もメイク全部流れるぐらい泣いたもん。そうだよなーてっちゃんが決めるんだもん。泣かせようと思って並べたんだな、まんまとやられましたね(笑)
Posted by 美女入門 at 2009年07月10日 18:50
■美女入門さま
あはははは、ここにも透けるかと思って凝視してた人が!
あの仁王立ちの宣言に始まる一連の流れ、かっこいい、かっこよすぎる。困る。これは歌手のサカイユージSHOWだね。お笑いの方の酒井雄二ショーもまたあるけどねw
本編最後の2曲はまじシビレたよね。やられたよね。とくに♪マイギフト〜の方は、ライヴ以降私の中の評価がぐっと上がった。いい曲なんだな〜としみじみ。♪愛は〜の方はライブ前から好きだったけど。
Posted by ココ at 2009年07月10日 23:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122753184
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。