2008年02月19日

3月22日のチケをゲットしました♪

きゃー。

きゃーきゃーきゃー。

ゲットしてしまいましたーーー。

3月22日。

20080219goingticket

や、うそじゃない、うそじゃないよ、
3月22日なんだもんホントに〜。

さすがに東京は無理です…(涙)

実はいまGOING UNDER GROUNDにハマっております。

や、ゴスマニアの継続の手続きはした!
したんだって!
そっちとこっちと、パラで走らせてるんだって!(長島有風に)

ハマるまでには長い長〜いストーリーがあるんです…。

---
 
以前、ユージさんが、
中村航氏の文庫版「夏休み」の解説を書いたことは、
ゴスマニアならご存知ですよね。

それは中村航の『始まりの三部作』と言われる
初期の著作の1つなんですね。

その三部作とはコレ。

「リレキショ」 解説:河野丈洋(ゴーイングアンダーグラウンド)
「夏休み」 解説:酒井雄二(ゴスペラーズ)
「ぐるぐるまわるすべり台」 解説:桜井秀俊(真心ブラザーズ)

三部作そのものはおいといて(コラ)、
解説を書いている人が全員ミュージシャンだということが非常に気になった。

しかも3人中2人までが、
私の愛するミュージシャンじゃないか。
(ユージさんと桜井さん)
となると、あと1人も気になってくる。

河野丈洋って誰だ。
ゴーイングアンダーグラウンドって、何者だ。


---

一方、長島有という作家にもハマる。
「猛スピードで母は」で芥川賞をとり、
「夕子ちゅんの近道」で大江健三郎賞をとった人だ。

その人が実は「ブルボン小林」という芸名で、
ゴスペラーズとライヴ共演していたことを知る。
詳細はコチラをクリック

長島有の著作を全部読み、
ブルボン小林の著作も全部読み、
即売会に押しかけて握手とサインまでしてもらうというハマりよう…。
当然ブログも読む。
するとそこにはまた「河野丈洋」という名がしばしば登場する。

河野丈洋って誰だ。
ゴーイングアンダーグラウンドって、何者だ。


---

どこへ行っても待っている「河野丈洋」という名前。
私はとうとう聞いてみた。
ゴーイングアンダーグラウンド。
そして、

…まんまとハマった!


いやー、バンドサウンドいいわ!
歌詞も胸にきゅんきゅん来て、とっても甘酸っぱいし!

ここ数年、
声だけでハモる魔術師たちにいいようにあやつられていたので(笑)
楽器がとっても新鮮。ビートが気持ちいい。

そして河野氏の謎も解けた。

彼はそのバンドのドラムス担当で、
一番の読書家で、
文才もあって雑誌連載も持つほどで、
ドラムだけでなくギターもピアノもこなし、
当然作詞作曲もするし、歌も歌えるしハモれるし、
おまけに

ウドン部なんだって!(驚)


なぜ。
なぜ私はウドンを愛する人ばかりに惹かれてしまうのか。

しかも、こいつら、中学からの同級生なんだって。
なぜ私は、
学生時代からのつきあいってやつに惹かれてしまうのか。

しかも5人組なんだよ!
そして頭文字がG!
(そこまではどうでもいいのでは>私)

---

てなわけで1人で参戦してきます。
3月22日。秋田でゴーイングのライヴ。

赤坂行かれる人は、
本当に楽しんできてくださいね♪
私は本当はそっちも行きたいのよ。
posted by ココ at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴスペラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
赤坂かと思いました。
そしてまたココちゃんと対面を果たす機会を逃してしまったと…先走りしちゃいましたよー。
「夏休み」私も持ってます。
でも、まだ読んでません。活字離れが酷くてねぇ。
せめて解説だけでも読もう。
ライブ、楽しんできてねー!

Posted by 棚花 at 2008年03月01日 21:23
■棚花様
ごめんねぇ、お返事がこんなに遅れちゃって…。
しかも、赤坂でもなくって重ね重ねごめんねぇ(苦笑)
こっちの3月22日のライヴは、それはそれは良かったわ!なんでたった3500円で2つもいいバンドのライヴ見れるんだろう。安すぎねぇ?って思いました。そして、色んなライヴに行こうこれからは!と思いました。
また気が向いたらこっちもぼちぼち更新するので、たまーに来てみて下さい☆
Posted by ココ at 2008年06月24日 02:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84827147
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。