2007年04月11日

セルゲイ秋田(MC編B最後)

では、最後の挨拶を5人分披露して、MC終わります。

村上→安岡→酒井→北山→黒沢、の順で
終わった人から階段を上がり、門の前で他の挨拶を聞いている。



■乳頭温泉@秋田

村上「ゴスペラッツのレコーディングのとき、すごくタイトなスケジュールで煮詰まった日があった。
そのとき突然思い立って、往復10時間かけて秋田の乳頭温泉に来たんです。
これがまた、いいお湯でね。
ありふれた言葉だけど、オレ、すごく癒されたわけ。
癒されたのよほんと。
だから秋田にはすごく感謝しているんです」

じーーーーん。



■シェア

安岡「今日のように、みんなと共有し、分け合えることを
またできるといいなと思います…云々」



■考えてました

酒井「ネイガーみたいな、安岡ヒーローを、今日歌いながらずっと考えていました」

ほんとかよ!(笑)

酒井「で、二つ考え付いたので報告します。
1つめ。安岡はヤングと呼ばれているので『ヤングマン』」

安岡「今年33歳になりますが」
(自分の挨拶は終わったので、門のところで待ちながら静かに突っ込む・笑)

酒井「2つめ。シャンパンマン。ドンペリがないがしろにされたりしてるのを見ると憤って」

安岡「シャンパーンチ!」

息ぴったり。さすが元・真夜コーコンビ。



■東北出身

北山「リーダーは関西出身ですが、東北に来るといつも言うんです。
『この濃い味がなんか合うんだよね〜。あーホッとする』と。
だから村上はじつは東北出身だと思います。
つまり今日は、東北に(自分も入れて)2人帰ってきたことになるんです」

おかえり!



■黒ポン二枚目声ふたたび

黒沢「ツアーの日程表を見ていて、
自分の誕生日のあと最初のライヴはどこだろうな、と調べましてね」

ページをめくるしぐさをしつつ。

黒沢「ああ、4月4日は秋田だな、と。
36歳になって最初のライヴ、これは失敗できないな、と思いました。
歳をとって最初の失敗になっちゃいますしね。
で、どうでした?・・・今日のライヴ、

よかった?


よかったー!!!
posted by ココ at 14:25| Comment(3) | TrackBack(0) | セルゲイ@秋田ネタバレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルゲイ秋田(MC編A)

連続投稿、えいっっっ。

---

4月3日は黒ポンの誕生日でした。

■黒ポン誕生日

最初のトークの際、最前列で花束贈呈するお客さんあり。

村上「きのう38歳になりました黒沢薫〜」
酒井「なんでそんなサバよむんだよ! ほんとは何歳になったの?>黒ポン」
黒沢「36歳です」
村上「芸能界は2才くらいのサバよみは普通だ」

…え゛?



■コール&レスポンス

村上「二階、YEAH〜」
二階「YEAH〜」
村上「じゃあ一階、YEAH〜」
一階「YEAH〜」

村上「会場の男子、YEAH〜」

村上「じゃあ36歳より上の男子、YEAH〜」

村上「シジュウニ(42)の厄年より上の男子、YEAH〜」

男性がほんとに多かったです。てっちゃん完全に満足そう。

村上「次に女性・・・に年齢のことは聞くまい!
   ひ、ひとづま、YEAH〜〜〜」
会場「YEAH〜〜〜」

やけにレスポンスがイイので、メンバー騒然。

「おい、旦那は」「どうしたんだ旦那は」「ひとづま多すぎないか」「今日は置いてきたのか!」

置いてきました〜(^^)
好きな人が舞台にいるのに夫を連れて来られるわけがないって。




■なんだこれは?←ホメ言葉

村上「おととし、湯沢に来たときも異様に盛り上がって、
なんだこれは?! 秋田はあついなーと思ったけれど、

今日もね。なんだこれは?!

会場、喜ぶ。

村上「あついね。祭りだね。バラードのある、お祭りだ」

酒井、後ろで、祭りの大太鼓をたたくしぐさ。■学校もん

アンコール、星屑の街の前の最後のトークで。

村上「今度、こか・・・。(←噛んだ)」

会場、おそらく「股間」を想像して騒然。

酒井「なんだっ。コカコーラか!?」

焦ってフォローする人あり。

村上「こか、で止めるとすごいことになるな!コレ」

そういって、ステージ右端前方の人たちと、
マイクオフでなにか言ってこっそり盛り上がるてっちゃん。

村上「今日は、ラブホのノートだとか、コカ…だとか、そんな話ばっかり」

それをふったのは全部アナタですが。

村上「えー。こかではなく、コンクールの話です、俺がしたかったのは。
こんど、合唱コンクールの課題曲をゴスペラーズで作ることになりました」

安岡「♪〜〜〜」(出だしをワンフレーズヤスが歌った)

会場拍手。

村上「俺たち、やっぱ学校のサークル出身ってこともあるしね、
学校モンに弱いわけよ」

この辺で、前の方のコドモがちょっと声を出す。

コドモ「あー」
村上「な〜」(そうだよな〜、という感じで返事)

村上「5月かそこらに、俺たちが歌ったバージョンを聞ける、かもしれません」

コドモ「ニャー」
村上「・・・な〜」

まじめな話と平行して、ほほえましいやりとりが続く。

村上「俺たちがやってきた13年を、たかが13年と思いたい。
たかが13年と思ってこれからもやっていきたい」

コドモ「てっちゃ〜ん」
村上「はい、てっちゃんだよー」

村上「二歳児が大人になるまで、歌い続けたいわけです」

リーダーお見事!
うまくコドモをからめていい話にまとめました。




posted by ココ at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | セルゲイ@秋田ネタバレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルゲイ秋田(MC編@)

今年は俳句番組が日曜朝になったので、
裏番組の子どもアニメとぶち当たり、
1年間間違いなくオンタイムで見られないことが決まったココです。

そこで、今朝5時半に起きて、
今年度1回目の放送をみました。
素敵な桜の句でした。

---

セルゲイ秋田、MC編、第一弾。



■モイスチャー村上と、秋田美人

最初の挨拶にて。

村上「今日は湿気のせいか、髪が左側だけはねてんの。
どうやっても直らないんだ。・・・モイスチュア〜!(叫)

安岡「モイスチャー!(笑) モイスチャーって言いましたか?今」

酒井「モイスチャーね、結構あるんですよ、秋田。
秋田美人を生む理由の一つらしいですよ。湿気。
つまり皆さん、素材から良いんです!」

私もほめられたようないい気分になったが、よく考えると私は静岡出身。



■スギッチとネイガー、二大ヒーロー

北山「みんなに聞きたいんだけど、スギッチってどうよ」
(*秋田わか杉国体のマスコットです。モチーフは秋田杉。
参考▼秋田国体公式HP
http://www.pref.akita.jp/kokutai/

そして、五人でスギッチのまね。
両手を頭の上でとんがらせたり、両手をペンギンみたいに下にやったり。・・・黒ポンかわいい!
こどもが描いたクリスマスツリーみたい。

酒井「最近ね、ボクが変なモノ好きだと思って、
変なものを送ってくる人が多いのが悩みの種なんですが。
秋田のヒーロー『ネイガー』、あれたくさん送られてくるんですよ!」

会場大ウケ! 異様な盛り上がり。あまりのウケっぷりにメンバー、ひくほど。

4人「もしかしてゴスペラーズの歌より知れ渡ってるじゃないのか?!」

参考▼超神ネイガー公式HP
http://homepage1.nifty.com/nexus/neiger/

4人「なに?ネイガーって」

酒井「これは、地元のヒーローなんです。
仮面ライダーのモチーフがバッタだったように、ネイガーはなまはげなんですよ。
そして主人公の名前はあきた・けん。」

4人「(笑)」

安岡「ああ!泣く子はイネーガーで、ネイガーなんだ!」

はいはいはい!
私もネイガーSHOWに子ども2人連れて行ったことあります。
握手して、写真とりました。
至近距離で見ると、ユージさんの言うとおり、ディティールまですごく作りこんである。
びっくりします。あれは本物のヒーローです(笑)
そのリアルっぷりに、長男(当時3才)は、怖くて泣きだしました。




■ヤスの語り

「シンプルワーズ」の後、「ひとり」に入る前。
ヤスにスポットライトが当たる。

安岡「たくさんの言葉をつむぐより、
たった一言を口にする?ほうが
相手に気持ちが伝わることもある。
その一言を言わないことで、
もっと伝わることもある」

その一言とは、愛してるの一言。
なるほどっ! 次は愛してるって最近言わない歌だからな。
うまいなー。

そしてヤス、よく噛まずに言えました〜♪




■二枚目声

プラチナムとか、永遠にとか、バラードを歌ったあとに。

村上「こういうバラードで愛を歌ったあとで、トークに入るときって結構、気持ち切り替えるのが大変なんだよな」

??「自分はまだ二枚目モード入ってるからね〜」

村上「それひきずって会場に聞くのもねぇ。

よかった?(←と唐突に二枚目モード)」


会場「きゃああああ」

てっちゃんが、ユージさんにも「言ってみろ」と無茶ぶり。

酒井「んんがああああああっ!できん!!!」

村上「じゃあ北山」


北山「・・・よかった?」(エロ低音v)


会場「きゃあああああああああああ」

村上「まるで「陽ちゃんに『よかった』って言われました」って書いてあるラブホのノートみたいだ」

次は黒ポンにふり。

黒沢「(ひたいの汗を拭いて)…はぁ。(とため息)」

4人「おい、それじゃあひとりよがりの男だろうが!」

黒沢「待て待て。続きがあるんだってば。もう一回やらせてくれ」

やりなおし。


黒沢「(ひたいの汗を拭いて)…はぁ。…よかった?


最後に本人必死で否定。
「俺はひとりよがりじゃない! 違うからな!」



■「よかった」祭り

安岡「シンプルワーズ、ひとり、ミモザ、と続きました。

どう? よかった?


会場「キャーーーーーー」



どうやら今日は、よかった祭りのようでした。

4人分の「よかった?」を聞けて私は満足。
どうしようほんとにベッドで聞かれたら(無い無い無い)

最後の1人の「よかった?」を聞けなくて、残念だけどそれもまた納得というか。

いつか私だけに聞かせて下さい<ユージさん
(↑ばか)
posted by ココ at 12:33| Comment(0) | TrackBack(1) | セルゲイ@秋田ネタバレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

セルゲイ秋田(曲目とか感想とか)

ただいま〜♪

告白すると、セルゲイに讃歌するまで、
迷彩柄豹柄の区別がついていなかったココですこんばんは!
(恥)

私ったら、気合こいて迷彩のタンクトップ来てったんですよ。下着でね。

ライヴ前にうどん屋に入ったとき、
私はその気合を誰かに認めてもらいたくて、

「ねえねえ、あたし迷彩着てきちゃったんだ、ホラ!」

とわざわざTシャツめくって、同行のSちゃんに見せたバカ。
しかしSちゃんわけもわからずポカーン…。

その理由がライヴの後半にやっとわかりました。

メンバが着てた衣装は迷彩じゃなくてヒョウ柄だったヨorz
どうなのこのばかさ加減!!!
衣装ネタバレ見ていった意味なし。

そのうえ、買ったグッズの1つを帰りの電車で落としてきました(涙)

---

いやしかし。
ライヴは最高でした♪
とってもとってもとっても、盛り上がりました。

■セットリスト
中野と変わりなしでこんな感じ。

01.Let it go
02.Love has The Power
03.Street Corner Symphony
04.侍ゴスペラーズ
05.Get me on
06.パスワード
07.Platinum Kiss
08.永遠に
09.Prisoner of Love
10.The Ruler
11.Slow Luv
12.Simple Words
13.ひとり
14.ミモザ
15.狂詩曲
16.SAYONARA
17.メドレー(Tonight
 →Two-way Street
 →靴は履いたまま
 →THAT'S WHAT I WANT
 →Gospellers' Theme
 →Frenzy
 →いろは
 →夜をぶっとばせ)
18.MO' BEAT(なりきり)
19.一筋の軌跡
★アンコール
20.風をつかまえて
21.陽のあたる坂道
22.星屑の街

今回iPODに、この順番で入れるとき気づいたけれど、
全部アルバムからの選曲でしたね。
シングルからはなし。

---

■衣装

真里さんの衣裳が尋常じゃなく露出度高くて、
まるで女王さまでした。
もーどうなのアレ!
全身黒で、肩は出す、二の腕は出す、
太ももは出すの大サービス。素敵すぎます(笑)
それなのにメンバー紹介のとき、
タヌキみたいに「ポン♪」とお腹をたたいて見せて、
お茶目ったら。

玉川さんの帽子はとても高くて、
あの中に鳩が入っていそうだと思いました。

■舞台
舞台セットが、ツボだったなぁ。
ご存知のとおり、大きな門がどまんなかに据えられてて、
門を開けてメンバーがこちらへ登場する仕掛けなわけです。
門は高い位置にあるので、
手前側にも向こう側にも、両脇からの階段がついている。

登場はよかったよ。とてもよかった。
「お化け屋敷?」みたいな重厚な感じとか、ライティングとか。

ところが、最後がダメ。
門を開けてハケていく最後がやばい、切ない、切なすぎる。
きゅーん。

まだラスト1曲前ってのに、
しかもハケたのは、バンドメンバだってのに、
すでに寂しすぎて涙・ナミダの私でありました。

---

MC等は次のエントリで。

【つづく】
posted by ココ at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | セルゲイ@秋田ネタバレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。